• HOME >
  • 実績紹介 >
  • マッチング実績 >
  • 平成27年度実績紹介

マッチング実績

平成27年度実績紹介

窓口で受けた相談のうち、以下のマッチングが成立しました。

1.保育ママ(家庭福祉員)としての活用




物件概要

木造2階建
平成27年6月空家登録(空家所有者)
平成27年2月利用登録(空家活用者)

  • 大森・馬込周辺で保育ママ(家庭福祉員)として活動するための物件を探していた空家活用者と、大森北に物件を所有している空家所有者のマッチングが成立し、10月に契約締結となりました。

備考

  • 大田区では待機児童を減らすためのさまざまな取組を行っています。空家活用窓口として、この取り組みに協力し、空家の有効活用と待機児童の解消という問題を解決するためにマッチングを推進しました。
  • 利用者の保育活動歴が長く、登録時点で保育ママ制度の要件を満たしていたことや、近隣から子供の声などで苦情がでにくいと思われる好立地条件など、双方の希望にかなう良好なマッチングでした。
  • 大田区の保育関係部課ともさまざまな調整、打ち合わせを行い無事契約に至り、来年4月に活動開始予定となっています。

活動状況

室内改修、ドア改装、庭にテラスを設置し平成28年4月1日、保育ママ(家庭福祉員)の施設としてオープンしました。

    

 

2.子どもの遊び場としての活用

物件概要

木造2階建
平成27年9月空家登録(空家所有者)
平成27年8月利用登録(空家活用者)

  • 子どもの遊び場として利用可能な場所を探していた空家活用者と大田区中央の空家所有者とのマッチングが成立し、11月に契約締結となりました。

備考

  • 空家活用者は、子どもの遊び場として利用することが目的であるため、元気に走り回れる広さのある場所を希望していました。そのため、総敷地約100坪、建坪30坪の一軒家は、皆が満足のいくマッチングとなりました。
  • この物件は、空家所有者の都合もあり利用期間が限られますが、有効に利用していただければという空家所有者の配慮でマッチング成立となりました。

    

活動中の動画です

※当活用事例は、現在終了しています

 

3.英会話サロンとしての活用




物件概要

木造2階建 共同住宅 1室

平成27年10月 空家登録(空家所有者)
平成27年12月 利用登録(空家活用者)

蒲田駅周辺の活動場所を探していた空家活用者(英会話サロン兼事務所)と蒲田駅近くの空家所有者との間でマッチングが成立し、平成28年1月に契約締結となりました。

備考

  • 大田区では、国際交流拠点都市と多文化共生都市をめざす「国際都市おおた」としてさまざまな国際交流に関する事業を行っています。空家の有効活用と地域の国際交流を推進するために今回のマッチングが始まりました。
  • 空家活用者の団体は、大田区で区民活動団体及び国際交流団体として登録し、英会話普及とそれを通しての国際理解を深める活動をしています。会員数も増え、事務所を兼ねた活動拠点を探していました。
  • 空家所有者は、母親から共同住宅を相続し、生前母親が希望していた「地域のために活用する」という思いを実現するため当窓口に登録されました。
  • 双方の希望や条件の調整を行い、無事にマッチング成立となりました。
  • 区民活動団体として他団体とのコラボレーションによる地域活動や区民活動の広がりなどを検討中です。

活動状況

    

 

4.障がい者支援団体のグループホームとしての活用

物件概要

昭和63年1月建築
木造スレート葺2階建 共同住宅 一棟

平成27年10月空家登録(空家所有者)
平成27年7月利用登録(空家活用者)

区内でグループホーム用の建物を探していた空家活用者と、池上地区に物件を所有している空家所有者とのマッチングが成立し、平成28年2月に契約締結となりました。

備考

  • 空家所有者は、高齢者向け住宅として一棟貸しをしていましたが、お風呂が無い事や設備の老朽化のため、取壊しを考えていて当窓口に相談に来られました。
  • 空家活用者は、大田区内で精神障がい者支援に30年以上の実績を持つ社会福祉法人です。
  • 障がい者のグループホームとしての基準を満たすための改修工事を、空家活用者負担で行うという条件で契約成立に至りました。